PMTCとは

Professional Mechanical Tooth Cleaning はの略で「歯科医院で行う機械的歯面クリーニング」という意味です。

PMTCの主目的はバイオフィルムを落とすことです。その他、審美的効果(歯肉のマッサージ効果や汚れを落としたり艶を蘇らせる)やフッ素などの薬理効果などがあります。

バイオフィルムとは細菌の住処であるタンパク質の膜の事です。身近で例えるとバスタブのヌメリもバイオフィルムです。細菌はこのバイオフィルムの中で活動し腐敗や病気の原因になります。知らず知らずの間に歯の表面にもバイオフィルムが作られて虫歯や歯周病をもたらします。バイオフィルムは目で見ることができません。

それは歯に付着するバイオフィルムは大変薄いからです。分かるとすれば、せいぜい艶があるかないか程度です。バイオフィルムは非常に薄いため、歯科医院で汚れの染め出しをしてもはっきりとは染まりません。歯垢(プラーク)や歯石の元はバイオフィルムです。

この薄い膜のバイオフィルムが厚みを増すと歯垢に成長します。そのため最近では歯垢の事をあえてプラークバイオフィルムと呼ぶ事もあります。その後、歯垢が石灰化して硬くなった物が歯石となるのです。要するにバイオフィルムを除去すれば歯垢や歯石の発生を抑える事が出来るのです。

歯磨きと歯石取りで虫歯や歯周病の予防が出来るとのことですが

昔はバイオフィルムは目に見えないために歯垢と歯石しか問題とされていませんでした。ですから、予防歯科と言えば歯磨き指導との歯石除去(年に1〜4回程度)とされて来ました。しかし最近、バイオフィルムの除去は歯垢や歯石と同等かそれ以上に重要な事が分かりつつあります。このようなことから歯垢と歯石だけを問題視してバイオフィルムを考慮しない予防歯科は完全に過去の物になりました。

バイオフィルムは歯磨きで取ることができますか

残念ながら、歯磨きでバイオフィルムを磨き落とすのはできません。とはいえ毎食後の歯磨きをしていないとバイオフィルムの厚みが増して歯垢になり、歯石へと変化してしいきますので歯磨きは依然として重要ということはには変わりません。

PMTCで歯周病は治りますか

PMTCは予防だけにとどまらず治療に取り入れても効果的です。

早期の段階は歯周病を起こす原因菌が歯の表面にくっつき、それが理由で歯肉が炎症を起こしてしまって赤く腫れたり、歯みがきをすると出血してしまうような症状が出るのが歯肉炎の特徴なのです。
口の臭いを放置すると、第三者への迷惑はもとより、自己の精神衛生的にもひどい負担になるかもしれません。
口の臭いを抑える作用のある飲料としてコーヒーが有名ですが、たくさん飲みすぎるとなぜか口の中が乾いてしまい、意に反して嫌な口臭の要因となってしまうようです。
唾液分泌の減少、歯周病や、入れ歯を使用することが原因で起こる口の臭いなど、年を取ることと口臭の関わり具合には大層大量の理由がありそうです。
ある研究結果では、顎関節症という自覚症状のなかった人でも、約4割の人が歌を歌ったりするシーンでこれとよく似た不快な音がしているのを知っていたようです。


審美歯科治療としてこのセラミックを使用する場合には例えば歯冠継続歯の交換等が実用法としてありますが、歯への詰め物などにも馴染み深いセラミックを練りこむことが可能なのです。
歯科衛生士が在宅での医療で要望されるのは、まずは患者さんの口の中を清掃して清潔にすることです。患者の口のなかが汚れたままだと、細菌が増殖した不衛生なカスをそのまま飲み込む危険性があります。
糖尿病という一面から考究すると、歯周病という病のために血糖の調節が至難になり、それが要因となって糖尿病に拍車をかけることを招く可能性も考えられます。
日々の歯ブラシでのケアを隅々まで行っていれば、この3DSの結果、むし歯の原因菌の減った状態が、ほとんどのケースでは4ヶ月~半年位キープできるようです。
唾液という分泌物は口内の掃除屋さんとも呼ばれるくらい重要なものですが、その分泌量が減少すれば、口の中の臭いが気になってしまうのは仕方がないことだと考えられます。


歯の持つ色とは実際のところ純粋な白色では無い事が多く、人によっては差はありますが大体の人が持つ歯のカラーはイエロー系やブラウンっぽく色が付着しています。
歯を矯正することにより容姿に対する劣等感から悩みがある人も笑顔とプライドを再び手元にすることが叶うので、肉体的にも精神的にも充実した気持ちを我が物にできます。
昔は歯周病の治療目的は、病気の悪化をゆっくりさせたり食い止めることに考え方が偏り、健全だった頃の歯や歯茎の状態に改善する事は不可能でした。
嫌なプラークが蓄積する前に、日々歯石のケアをおこなうことがものすごく肝要なポイントになります。歯垢の付着しやすい所はしっかり磨き上げることがとりわけ大切になります。
本来の歯に似せて作られた歯の抜き出しがやれるというのは、月日を重ねるにつれて変化を見せる歯や顎関節のシチェーションに対応して変更が実践できるということです。

口の中が乾くドライマウスは、ストレスが要因で起こってしまうという事もよくあるので、更にこれからの時世には、忙しく働く男性にも発症する危険性は十分にあるのです。
口の臭いを和らげる効能がある飲料に、代表的なのがコーヒーですが、大量に飲みすぎると口の中の水分が乾き、残念なことに口臭の要因になるということがわかっています。
普通なら医師の数が多ければ、きっちり患者さんを診察してくれそうですが、思いのほかそういう場所は流れ作業であるかのごとく、患者を施術する施設も存在するのです。
デンタルクリーニングというのは、歯周病の原因菌の活動を防止する最適な手法だと、科学的に証明されており、単に気持ちよいだけではないということです。
インプラントの特徴は、口に合わないということがなく、食事も健康な歯のように楽しむことができます。更に嬉しいことに、これ以外の治療法に比べてみると、あごの骨がだんだんとやせ細っていく事がありません。

噛み締めるとズキズキと痛む入れ歯、合っていない入れ歯は、そのことが理由でしっかりと噛めずに驚くことにそのまま飲み下してしまう実例が、増大していると報告されています。
歯の表面に歯垢が付き、その部分に唾にみられるカルシウムや他の数種のミネラル分が一緒に付着して歯石になりますが、その因子はプラークなのです。
親知らずを摘除するにあたって、激烈な痛みを逃れることはできないがために、麻酔を駆使しない手術を実施するというのは、患者にとっては相当な負荷になると推察されます。
口の中の状況は当然のことながら、他の部分の様子も併せて、かかりつけの歯科医師と心行くまで話してから、インプラントの申し入れをお願いするようにしてください。
義歯に対して思い描くマイナスのイメージや固定概念は、生まれつきの歯で噛んだときの使用感と対比して考えるために、意図せず大きくなっていくからだと類推されます。

初めの頃は歯周病を引き起こす細菌が歯の表面に貼りつき、そのせいで歯茎が炎症を起こし赤くなって傷んでしまったり、ハブラシで歯磨きすると毎回出血してしまうような異常が見られるのが歯肉炎の病状です。
PMTCの利用で、基本的なハブラシを利用した歯の掃除では消し去ることのできない着色汚れや、歯石の他の要らない物質、ヤニなどを完璧に取ります。
まず最初は、歯磨き粉無しでじっくりと歯磨きする方法を極めてから、仕上げとして少量のハミガキ粉を用いるときれいに歯みがきができるようになるでしょう。
糖尿病という側面から判断すると、歯周病という病によって血糖値の制御が至難になり、それが要因となって、残念ながら糖尿病が悪くなることを誘発してしまう恐れもあるのです。
適応可能な範囲が大変大きい歯医者用のレーザーは、種類もたくさんあって、他にも様々な医療の現場に活用されています。今後さらに可能性のある分野です。